新たな縁と自治の目覚めをデザインする

05 受託事業

西の丸デェードリーム 参加型企画
写真家・浅田政志さんと行く!
“VR”なタイムトラベルツアー



写真家・浅田政志さんと行く!“VR”なタイムトラベルツアー

 開催 ▶ 2017年11月25日(土)
 時間 ▶ 集合 10:30
      VRメガネづくりワークショップ 10:30〜11:00
      ツアースタート 11:00
      ツアー終了 15:30(予定)
 料金 ▶ 2.300円 (VRメガネ材料費、施設入園料、ガイド、お弁当・お茶・写真含む)
 会場 ▶ 体育館(集合)〜 城下町めぐり(内山下小学校周辺)
 参加 ▶ 定員20名
 
 写真家の浅田政志さんと一緒に巡る、体感型タイムトラベルツアー。
 歴史スポットを巡る先に、VRメガネをかけると当時にタイムスリップ!
 最後は浅田さんが参加者全員を記念撮影。
 ぼっけえ(V)リアル(R)な、体験型タイムとラベルツアーです!

 ※ツアー前には、「VRメガネづくりワークショップ」を実施します。

 ※ツアールート内には、岡山後楽園 能舞台が含まれます。
  能舞台の保存管理のため、
  ご参加の場合は、綿(または綿が含まれる素材)の靴下を履いて
  ご参加いただきますよう、お願いいたします。

 *こちらのワークショップは申し込みが必要です

ご予約方法

*ご参加をご希望の方は、メールにてご予約をお願いいたします。»ご予約メール

※[ご予約メール] フォームから送信できない場合
 お手数ですが
 【参加希望企画名(VRなタイムトラベルツアー)、お名前(よみがな)、
  お連れ様名(よみがな)、参加人数、電話番号、年齢、この企画を知ったきっかけ】
 を明記の上 info@ennova.jp、または [お問合せ] フォームからご連絡ください。
 (通信環境によっては [ご予約メール] フォームから送信できない場合があるようです
・・のでご了承ください)

 

浅田政志 (写真家)

 
 1979年三重県生まれ。日本写真映像専門学校研究科卒業。在学中より自らの家族を被写体に「浅田家」シリーズの撮影を開始、写真集『浅田家』(2008年赤々舎)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。
 三重県立美術館、ニコンサロン、パルコミュージアム、森美術館、八戸市ポータルミュージアムはっち、富山県ミュゼふくおかカメラ館、芦屋市立美術博物館、入江泰吉記念奈良市写真美術館、香港国際写真祭、松濤美術館など国内外で個展やグループ展を多数開催。
 著書には『NEW LIFE』(赤々舎)、『家族新聞』(幻冬舎刊)、『八戸レビュウ』(美術出版社)、『卒業写真の宿題』(赤々舎)、『アルバムのチカラ』(2015年、赤々舎 文:藤本智士)、『みんなで南三陸』(南三陸町)などがある。
 現在、青森県、秋田県、熊本県、愛媛県・南予地方、三重県、鳥取市、大津市、延岡市などの日本各地で地域活性化アートプロジェクトにて写真や映像作品の制作に携わり、2017-2018年は愛媛県松山市の「道後オンセナート2018」にメインアーティストとして参加している。




お申込み、ご来場お待ちしております!


Comments are disabled.