新たな縁と自治の目覚めをデザインする

岡山市市民恊働推進モデル事業

 

平成30年度 岡山市市民恊働推進モデル事業
「石山公園パークマネジメント推進事業」
実施について

 

岡山市では現在
平成31年度以降に実施予定の石山公園のリニューアルに向けて
公園の利活用やルールづくりなどの検討を経て
「パークマネジメント」の手法を取り入れた公園運営を目指しています。

 

「パークマネジメント」って何だろう?

パークマネジメントとは、
暮らしや生活に寄り添う公共のオープンスペースである公園を
「つくる」「まもる」「つかう」「そだてる」
という視点を持って活用していく仕組み・システムであり
その考え方(概念)です。
欧米で発展してきたパークマネジメントは
まだまだ日本に馴染みが薄いものですが
岡山では、まず、石山公園のリニューアルにあわせて
パークマネジメントを取り入れた公園運用を目指し
準備を行っているところです。

 

 

石山公園は、

旭川に隣接し、緑豊かな木々に囲まれ、岡山城や後楽園を一望できる「景観の良さ」。
歴史や文化・芸術にいつでも触れられる観光・文化施設が周辺にある「立地の良さ」。
交通の便もよく、石山公園自体が中心市街地を回遊する起点にもなる「アクセスの良さ」。

という、
大きく3つの特徴・魅力を備えた公園です。

 

しかし、現在の石山公園は、
そうしたポテンシャルを生かしきれていないこととあわせ
回遊の起点としての有効な案内機能やサービスが十分ではありません。

そこで
本年度実施する、岡山市市民恊働推進モデル事業
「石山公園パークマネジメント推進事業」では
「情報の発信と収集」という目的の元

「OKAYAMA CLTURE SCOPE」

という
新しい情報サイトを立ち上げることにいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「OKAYAMA CLTURE SCOPE」URL ▷ http://okayama-culturescope.com

 

このサイトの運営を通じて
「どんな人」が「どんな情報」を求めているのか、
またそれを波及させるには「どんなツールが有効なのか」
ということを多面的に探り、
パークマネジメントの推進において有効なサービスを精査すると同時に、
石山公園のリニューアルの目的や、
パークマネジメントへの理解につながる情報の発信も行うことで、
場を育てるだけでなく、
自分たちの住む地域の事に興味を持って、
自分事としてまちのことを考える人が育つ環境も作っていきたいと考えています。

 

そして、今後
石山公園を中心とした
岡山カルチャーゾーンが
だれかにとっての大切な場所になる
そんな
きっかけづくりのお手伝いができるサイトに成長させるべく
丁寧に育てていきたいと考えています。

 

私たちはこの事業を通じて、
石山公園に関わるすべての人々にとっての
豊かな暮らしや、
楽しい時間を過ごせる場所になるようなサービスを提供できる
パークマネジメント運用の実現を目指しています。

 

*岡山市市民恊働推進ニーズ調査事業パートナー
 岡山市都市整備局 庭園都市推進課